わんこ達の愉快な日常
ただただわんこが大好きな「いぬばか」オバサンの悲喜コモゴモです。 リンクフリーですよん^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懺悔
このタイミングでこの記事を書くのはどうだろうと思うけど、

自分の罪を隠していては、
それこそ某多頭飼い団体と同じなので…

高島市を応援することも
つばさの行方について語ることも
犬に関わるすべてのことについて何かを言うことも

本当はそんな資格なんか、すずめの涙ほどもないカイヌシです。



先月上旬、
カイヌシの全くの不注意で尊い命が消えました。


ココはまだ2歳になったばかりのわんこでした。
縁あって我が家にきて、ほんの半年でした。

彼女の犬生を守ってやれなかったのは私です。
言い訳はありません。
どんな罵倒も、謹んで受けます。

でも…

まだ我が家にいる6頭のわんこと共に生きることだけは
どうかお許しいただきたい。
彼らの犬生を全うさせてやりたいのです。
ココの分まで大切に守り育てていきたいのです。

過ちを繰り返さないよう細心の注意を払います。
至らぬ点は、どうかお叱りください。

ココの死については、以前の飼い主様にのみ詳細をお伝えしています。
ブログで伝えるのは…さすがに辛いので。
すべての責任は私、カイヌシにあります。
それが全てです。

言葉がうまく紡げず、申し訳ございません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
らんりささん。言いたくないこと、言えないことはみんなみんなあるからね
なんていっていいのか分からなくて、気の利いた言葉すら言えなくてごめんなさい
2007/10/12(金) 00:37:03 | URL | 陽子 #p5viccLg[ 編集]
私も気の利いた言葉が見つからないのですが

>彼らの犬生を全うさせてやりたいのです。
>ココの分まで大切に守り育てていきたいのです。
>過ちを繰り返さないよう細心の注意を払います。
>至らぬ点は、どうかお叱りください。

この気持ちさえあればいいのではないでしょうか。
あまりご自分を責めないで下さい。
2007/10/12(金) 16:56:10 | URL | うみんちゅ #17ClnxRY[ 編集]
うまく言えないので一言だけ。

つらいのに書いてくれてありがとう。

2007/10/12(金) 19:31:39 | URL | ひでかず #MMEVfCec[ 編集]
miss
ああしてやればよかった、
こうもしてやれたかも。
そんな思いが自分を責めますよね。

私だってそうです。

デールを無理にでも奪い返すチャンスはあった。
つばさを保全から力ずくで回避させることはできた。

なのに、AAにでもひとかけらの誠意があると誤解したまま、
犬を任せた。
私の責任は、AAと同罪だと思います。

ココちゃんの死を心から悼んで、悲しんで後悔してることは、
伝わってます。らんりささんに罪があったとしても、流した涙が洗ってくれてます。
失敗を重ねないように、精一杯生きていきましょう。

失われた子達に恥じないくていいように。
2007/10/13(土) 11:08:56 | URL | sasa #5wZuTTVM[ 編集]
何を書いても言い訳っぽくなっちゃいそうなんで、まとめてお返事にします。

陽子様、うみんちゅ様、ひでかず様、sasa様。
皆さん、とても温かいお心づかいありがとうございました。
もちろんこんなチラ裏な記事でカイヌシの罪が軽くなるわけではありませんが、それでもやっぱり皆さんのお気持ちが嬉しかったです。本当にありがとうございました。

泣いて悔やんで自分を責めて、ココが返ってくるなら、それこそなんだってしますが、覆水盆に還らず…時間を巻き戻すことはかないません。

同じ過ちを犯したであろうあの団体に、カイヌシが言えることは一つだけだと思います。
己を知り、自らを省みて、そして再び過ちを繰り返さないことを肝に銘じることが何よりの供養であると。

…伝わんないでしょうが。

ココ、つばさを守ってね。
彼の幸せを守ってあげてね。
2007/10/14(日) 17:35:34 | URL | らんりさ #-[ 編集]
同じ過ちを犯さないように固く決心して他の犬を大事にする。
それが贖罪であり供養になるんじゃないのかな?
まあ・・・どっかの代表夫婦風には反省と言う気持ちがありませんけど。

喪中ってそうだったのね。
って・・・今頃気がついた私。
2007/10/15(月) 09:06:15 | URL | 竜 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/15(月) 10:24:45 | | #[ 編集]
竜さま、鍵※2007/10/15/Mon 10:24 さま

メッセージありがとうございました。
なんかもっと責められて当然なのに、皆さんの温かさが心にしみます。

当たり前なんですが、改めて命に対する責任の重さを痛感しています。
奇跡のようにそこにある命。それは決して簡単に消えていいものじゃないんだということを、今更ながら深く心に刻みつけています。
2007/10/15(月) 22:24:10 | URL | らんりさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ranlisa.blog91.fc2.com/tb.php/154-d13f3d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。