わんこ達の愉快な日常
ただただわんこが大好きな「いぬばか」オバサンの悲喜コモゴモです。 リンクフリーですよん^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東広島市の遺棄されたわんこ達のニュースは、
県内のわんこ好きな皆さんにとって大きな衝撃であったと思います。
特に一年前、広島ドッグぱーくを目の当たりにしている人は。

またか…と思い、憤りを感じていることでしょう。

現在、地道に真面目に保護活動をしている方々が動いてくれています(が、事が動物愛護法違反にも関わってくるため、現時点では詳細がふせられています)
皆さんの心情を思うとき、カイヌシは言葉を失ってしまいます。
すべてのわんこを助けたい…でも…かなり困難な模様です。

*********

実は昨夜ここまで書いてて、所用ができたので下書き保存してました。
今朝になって【いちごいちえ】さんをのぞいたところ、詳細がUPされていました

リンクもOKなので紹介します。こちらです↓

   14頭の犬


犬たちの詳細も大切なんですが、それ以上に皆さんに読んで考えてほしい、そういう内容です。


こういう一文があります。
>>自分の犬を愛し、その子供をほしがる人多いけど、自分の愛犬の親がどうなってるのか考える人は少ないですよね…


この件をいつものように『かわいそうな遺棄された犬たち』としてだけで見ないでください。

原罪という言葉があります。
人は生きているだけで罪を犯している…そういうことだと私は理解しています。
生きることは何かの犠牲に上に成り立っているから。
だから周りに感謝し、犠牲になったものに心を手向け自身の罪を認識し生きていくことが大切だと、そう解釈しています。

今回突きつけられたのは
『犬飼の原罪』だと思います。
かわいい愛犬の陰には、犠牲になった、犠牲になっている犬がいること。
頭のどこかでは解っていた(つもり)だったこの残酷な現実を今一度見直すことが、
今後このような遺棄される繁殖犬を減らす第一歩だと、そう思います。


私の罪、あなたの罪、人の犯した罪…それを全て物言わぬ犬たちにおっかぶせておいていいの?

問いかけの答えは…まだ見つかりません。
スポンサーサイト
里親さん・長期預かりさん、大募集中!
緊急のSOSです。
また広島でこんな悲しい事件が起こってしまいました。
広島県人として情けないです。

以下、『広島動物ネットワーク』から転載です(勝手にごめんなさい)

>>2007年8月(成犬♂♀18匹)
東広島市内の大きな団地前で捨てられていました。
おそらくブリーダーによる大量遺棄だと思われます。
中には足の無い子や皮膚病の子もいます。
また多くの子が、声帯を切られているようです。
現在愛護センター内にいるので、保留期間が過ぎた場合は処分されます。
一匹でも多くの命が救われるようにと祈る日々です。
<<


中国新聞にも記事が出ていたんで…追加します
東広島市の団地に捨て犬18匹


8/10、一部記事を修正いたします。↓

この件で動いていらっしゃる方々の都合により現在詳細をリンクできません。わんこ達の為なんでご了承ください。
もう少ししたら別な形で広報できると思います。
とりあえず事件の内容だけでも心に留めておいていただければと思います。
里親さんや預かりさんの件はもう少し待っててください
(なんか題名と違う…)


カイヌシは…もう、キャパいっぱいで…特にケアが必要なわんこの預かりも里親も厳しいです。
だから広報支援です。

でもね、誰かが引き取らないと処分対象になっちゃうんだとしたら、
無理でも馬鹿でもあたしゃ手をあげちゃうよ!

広島の動管はブルセラのときみたく広い心で当たってくれてはないと思うからね。


緊急のお願いなんで
しばらくはこの記事をトップに置いておきますね。



…それにしても、マジ情けないぞ広島!

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。