わんこ達の愉快な日常
ただただわんこが大好きな「いぬばか」オバサンの悲喜コモゴモです。 リンクフリーですよん^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吾想う、故に吾あり
ホントは昨日の夏祭りのことを書こうと思ってたんだけど、
デジカメを返してもらってないんで画像が…
泣く泣くあきらめました。
(近々UPしますのでそのときはヨロピク^^)


で、この際だから日ごろ思っていることを、
ちょっぴり真面目モードで書いてみようかな…と←無謀w




初対面のわんことお友達になりたいときどうしますか?

まずは同じ目線になることから始めません?

ニンゲン同士も同じじゃないかしら。
ただ、ニンゲンの場合、同じ目線の意味がちょっぴり複雑でして…


いきなり上から目線で偉そうに言われて、
その話に耳を傾けられる人はきっと仏様のような広い心の持ち主です。
(ちなみに神様ってのは結構残酷だったりします…蛇足ですがw)
間違いなくカイヌシには無理な芸当ですww

そしておそらく、世の中のほとんどの人がカイヌシとどっこいどっこいの凡庸な人なんですよね。

可愛そうな犬猫を助けたくて
そのためにいろいろ調べて勉強して、おまけにボランティアなんかしちゃって、どっぷり頭の天辺までアイゴに嵌っていくうちに
「こんなに一生懸命頑張っている自分」に酔っちゃって
いつの間にか目線を合わすのを忘れている人っていません?


いやその人だけが悪いわけではありません。
元は犬猫好きな純真な人(たぶんねw あ、詐欺は除きますww)を
煽ってた人、祭り上げた人がいたでしょうし。

もともと動物アイゴはその根本に「怒り」や「憤り」があるため
誰でもつい「ヒーロー」気分になっちゃいやすいんだと思いますよ。

でもね、
大衆の支持を得られない言動
結局ただの無駄なんです。
無駄どころか時にははた迷惑だったりしますw

本来『動物保護』とか『愛護』とかは
とっても地味~で、苦労の割には賞賛の少ない貧乏くじみたいなモノだと思いますよ。少なくとも日本では。

どんなに立派な理想も信念も伝わってこそです。
同じ目線の意味をもう一度考えてみて欲しいですね。


*゜.;・+(´・ω・`).;*。+゜



現代の一番の動物愛護団体は『動物管理センター』だと思います。
サティア…じゃない、シェルターも完備してますしw
本来は「保護」し「管理」するべき場所なのに「処分」せざるを得ないのが情け無いのですが…

繁殖や販売の蛇口をもう少し絞って絞って絞って×16!
飼主の責任ももっとずっと厳しくして
(信じられないけど)893とか絶対介入しなくなって
持ち込まれる犬猫がずっとずっとずぅ~っと少なくなったら
初めて本当の機能を果たす場所なんですよね。

新しい箱物を作るよりも
本来の機能が果たせるよう協力し合うのが「愛護団体」だと思うのですが、どうやら違うみたいです。
「愛護団体」VS「動物管理センター」?なんですかねぇ???


*゜.;・+(´・ω・`).;*。+゜


一人では犬猫を救えないと思ってませんか?

なにも処分寸前だったり、ものすご~く悲惨な境遇酷いというしかないような犬猫だけが愛護の対象ではないんです。


近所にわんこが増えてきたから
簡単なドッグランのようなものが作れないだろうかと
頭を捻って考えて、できれば何らかのアクションを起こしたいと思っている人

子猫を拾っちゃって、その処遇に頭を悩ませて、結局飼うことに決めたとたん親馬鹿度全開になっちゃった人

所有権(わんこには関係無いんだけどね)が認められるかどうかわからないような
全く何を好んでそんなややこしいわんこなんだー!を引き取っちゃって
心身ともに疲れ果てようとも不屈の精神力で頑張って愛情注いじゃってる人

おそらく騙されたかもしれない募金額よりはるかに多額の費用と労力をかけてでも、異を唱え声を上げることで、未来のレスキューをサポートすることに頑張っちゃってる人

自分のわんこにゃんこと同様の愛情をほかのわんこにゃんこに等しく与え続けている人

散歩の途中に放置されていた糞をごく当たり前のように拾って処分した人

などなど

…全部『動物愛護』なんですよね~

なんでもいいんです
できる事を始めてみるだけで。
そんな人が100人から100万人に増えれば
助かる命もたくさん増えるんですよ!ねっ!!

人(の財布)を当てにしないで
できる事をコツコツと
無理をしないで、肩の力を抜いて
のんびりマイペースで
そこから始まる愛護があると思いませんか?



(文章では犬猫で書いてますがその他の小さな生き物も含みます。ただし、共存共生できる範囲で)


Read more
スポンサーサイト

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。