わんこ達の愉快な日常
ただただわんこが大好きな「いぬばか」オバサンの悲喜コモゴモです。 リンクフリーですよん^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑顔
わんこは本当は無表情なんだと聞いたことがあります。
だから実は笑ってないんだそうです。

でもね
あれ、笑顔だよね?
大好きな人と一緒にいるとき
楽しい仲間と遊んでいるとき
美味しいご飯を食べたとき…

絶対に笑ってるって思いません?

もちろん犬種によっては
無表情なわんもいます。
黒いわんは表情が読み取りにくいことに最近気がつきました。
(特に画像。ここのことだよん)

我が家の場合、コギズは表情が豊かです。
反面、はなちゃんはいつもクール。
りんだはよく、困った顔をしています。
ここはボディーランゲージ派ですね。

ゴン太は左前足が曲がっています。
交通事故なのかケンカなのか…もしかしたら虐待の跡かもしれません。
それなのに彼は本当にニンゲンが大好きで
いつも笑顔満面で甘えてきます。
保護されるまでには
きっと辛いことや苦しいこともいっぱいあって
しかもその原因を作ったのはおそらくニンゲンなのに…
ゴン、おめーすご過ぎ!

犬のほうがはるかに大きな心を持っているんだなぁ

些細な事に囚われて
大切なことを見落として
欲望に眼を曇らせて
それでも『万物の霊長』だと豪語する

ニンゲン、ダメダメじゃん。

ふと、思い出したことがあります。
H.18.12.16.PM3時前後

あの騒ぎの中で
一番怯え、不安につぶされそうだったのは
大阪に運ばれようとしていたわんこ達でした。

騒ぎの元はAAとボランティア
一番大声で吠え立てていたのは総括と呼ばれていた女性だったと記憶しています。
マジ、ボラさん達ビビッてましたからねぇ。
アイゴ団体の幹部が一番犬にストレスを与えていたのです。

大阪市がどうとか
反抗したボラがバカだとか
自分達を妬んでいるとか言う前にさぁ

自らを省みてはいかがかと思うのですが?

付け加えて
代表の飼い犬、確かに忠実ではあったが
どの子にも幸せわんこな笑顔がなかったぞ…と思ったのは
きっとカイヌシだけではなかったと思いますよ。

わんこに元気な、幸せわんこな笑顔が戻らない活動は
保護活動でも愛護活動でもなく、
ただの『犬集め』っていいます。

ネットよりも
報道よりも
わんこ達の表情が
何よりも雄弁にあんたらの活動内容を語っているんです。

笑顔を取り戻しかけたシットちゃんを追い詰めて
その命まで奪ったことは紛れもない事実です。

犬好きなら誰でもわかる幸せわんこな表情。
最後にそれを奪ったのはいったいだぁれ???

悔しかったら喜色満面で臍天で甘えているわんこ達の様子を
毎日のようにUPしてみればぁ。
ごく普通の小さなレスキューしている人は
皆、ちゃんとやってることですよ。

当たり前だけどね
誰かを責めたり貶めたり、
嘘を交えて自分達を誇示するよりは
はるかに立派な活動ですよ。







スポンサーサイト

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。