わんこ達の愉快な日常
ただただわんこが大好きな「いぬばか」オバサンの悲喜コモゴモです。 リンクフリーですよん^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一考察
ひろしまドッグぱーくに関わったせいで人間不信になった…なんてことをよく耳にします。

確かに
『おおげさ』『嘘』『恫喝』…
どこが愛護活動なんじゃぁぁぁ~ゴルゥアァ!!!
と叫びたくなるような現実に
カイヌシも文字どおり小さな胸を痛めることがしばしば。

神経の3、4本が抜けているであろうカイヌシすらそう思うのですから、
普通の本当に犬好きなボランティアさん・里親さんたちのご心痛はいかばかりかと拝察いたします。

でも、
関わらなければ良かったとは思わないでください。
気苦労もストレスも、さぞかし多いことでしょうが
この件に関わったおかげでいろんなことを知ることが出来たのではないですか?
わんことの関わりがほんの少しでも変わってきていませんか?
動物愛護に対して慎重さを身に付けれたのではないですか?

マイナスばかりで最悪。得るものが全くなかった…本当にそうですか?

カイヌシの場合、ネットというものを知ることが出来ました。
情報量は豊富でも玉石混合で、ともすれば迷子になりそうですが
それでもこれほどまでたくさんの人と物(情報)に触れる機会はそうそうありません。
そして目から鱗なこともたくさんあったのです。

*獣医師広報版

*「動物愛護団体」を考えるページ

どちらも殊更大きな声で意見を述べているものではありません。
むしろ淡々と語っておられるように思います。
しかしこの2つはとても考えさせられる情報をたくさん発してくれてます。大変勉強になりました。

某アイゴ団体風味の問題が今後どのようになるのか、神ならぬ身ではなんともいえませんが
社会に一石を投じたことだけは紛れもない真実だと思います。
ただ残念なのは社会的な認知度。
一般のメディアがもっとつっこんだ取材をして、ネット以外でも情報を発信してくれていればなぁ…。風化、早すぎ!

あ、誤解のないように。
某アイゴ団体風味を擁護しているわけではないですよ。
100の善行もたった一つの悪行で台無しになるのが世の常。
(某アイゴ団体風味、善行って…なんだ?ましてや悪行は…敢えて述べる必要なしでしょう)
自らを省みることもなく嘘と言い訳を繰り返し、意見が違うモノに対しては攻撃、しかもそのために捏造としかいえない情報を発する…。
そんな自称アイゴ団体及びその支持者(獣医師・動物病院を含む)を容認できるほど厚顔無恥ではありませんから。


IMG_0146.jpg

今日はちょっと凹んでまして、なかなか上手く言葉をつむぐことが出来ませんでした。
もしかしたら誤解を与える表現があったかもしれませんがお許しください。
スポンサーサイト

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。