わんこ達の愉快な日常
ただただわんこが大好きな「いぬばか」オバサンの悲喜コモゴモです。 リンクフリーですよん^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いのち
ひろしまドッグぱーく被害者の会
カイヌシと我が家のわんこ達は「被害者の会」を応援します。
賛同された方は、二次提訴に向け要望書への署名をお願いします!

           要望書 ←ここ!

それからアンケートも集めています。よろしくです!
           アンケート ←ここ!


和泉市のブルセラ症に関しては、遠くから生暖かく関わるつもりでした。なぜならカイヌシは現場に行くことも、わんこを助けることもできないからです。遠くから見守るのが精一杯だったからです。

でも!
もう我慢の限界!
掟破りだろうが、ポエマーと罵られようが、工作員のネット攻撃を受けようが、

いぬばかの"庶民"として言いたいことを言わせてもらうから!

チャリボラさんのブログを拝見させていただきました。
一応※入れていますが、返事を待たずに勝手に人のブログのことをさらすことがいかに失礼かは承知の上です。
でも、カイヌシはこれを読んで
涙が止まりませんでした。
胸の奥が痛くてたまりませんでした。
そして、
怒りに血管が切れそうでした。


カイヌシはね、ブルセラの件をニュースで知ったとき、
「あぁ、きっと全頭処分だな…」と思いました。
行政とは良くも悪くも、責任問題に敏感で、本当に事務的に行動を起こすと思っていたからです。
だから、
陽性犬のみ安楽死処分を聞いたとき、嬉しかったです。
だってね、
半数生きるチャンスがあるんだよ!
助かる"いのち"が確実に存在するんだ!
しかも安楽死!愛護センターのようにガスではなく、普通の飼い犬と同じ安楽死…
鳥インフルの鶏とは、まさに天と地ほどの差なんです。
これを奇跡といわずして何というのでしょう?

チャリボラさんはね、もっともっと犬のことを考えてましたよ。
切り捨てなければならないいのちを憂い、苦しみをなるべく少なくしてあげたい、せめて最後はほんの少しでも幸せを感じさせてあげたいと頑張っておられました。そのことがひしひしと伝わってきましたよ。だから涙が止まらなかったんです…

弱いものが淘汰されるのは、自然界では当たり前なことです。
たとえ母犬でも死に行く我が子は見捨てるそうです。
生きるということはそのくらい厳しいのです。
ニンゲンのエゴが招いた結果とはいえ、
健康な犬を救うために、罹患した犬を、断腸の思いで切り捨てるのは
動物虐待ではありません。
救うべきいのちを鑑みることなくただ感情のまま
「かわいそうな犬を救え!」と叫んでいるほうが遥かに虐待ですよ!

なぜなら、あなたのその"自分勝手なヒロイズム”
本来救われるはずのいのちを死へと追いやっているからです。

確かにカイヌシは無知で行動力もないただのいぬばか"庶民"ですが、
自信過剰で偉そうで品位がなく、
まるで自身が神にでもなったように
具体的な提案もせず、他人の意見には一切耳を貸さず、相手を一方的に非難するだけの団体や獣医師達よりは
遥かにマシだと思っています、それが何か?

抗議活動に酔いしれてるあなた!
そうしている間にも全国で『何の罪もない健康な犬たち』がドリームボックスという処刑場で殺されていますよ。
安楽死ではないんですよ。殺処分です。さっさと引き取ってあげなさいよ!

でも家は犬を引き取れないというあなた!
犬たちがこんな目にあった原因を追求しないのですか?
元ブリーダーを訴えるべく署名でも集めたらどうですか?
臭いニオイは元から絶たなきゃ駄目じゃないですか!

やらなければいけないこと。
やり遂げないといけないことは、
自分の自己満足のためのアイゴ活動ではなく、
未来へと続くための活動であることに、早く気が付いてくださいね!


カイヌシの言葉はあまり上手くないので、
みなさんに伝わったとは思いませんが、(特に今回は暴投だしw)
それでも、カイヌシの書きなぐった駄文が「いのち」を救うために役立てればいいなぁ…と思っています。

救われるはずの「いのち」のために行動してください。
「いのち」は長さではありません。短くても幸せに…そう思うことはひどいのでしょうか?
犬にも「いのちの尊厳」があります。犬たちが求めているのはアイゴ団体の準備した収容所はなく、優しく暖かな人の気持ちだと思います。
苦しまないように幸せを感じてもらえるように、最期の瞬間まで手を差し伸べることこそ本当の意味でのレスキューではないでしょうか・・・



スポンサーサイト

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。